ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

本物なのか「橋元徹大阪市長」は。

橋下徹氏が大阪市長に就任した。

 圧倒的な人気である。現在、首相にしたい政治家ナンバーワンであろう。
何故、指示されるのだろうか。思うに、「宣言」→「途中経過説明」→「実行」→「総括」。この単純な(基本的な)パターンを忠実に守っているからのような気がする。(いざ実行となると大変な事だと思うが。)
直接選挙と間接選挙の違いはあるが、何故、首相も同じように出来ないのだろうか。
 また、感心させられるのは、よくも次々とアイデアが出るものである。引き出しが無限大であり、まるで政界のドライモンのようである。とても4年前まで政治には無関係の人間とは思えない活躍である。天才なのか、正義の使者なのか、はたまた、善者の仮面を被った悪魔の手先の独裁者なのか、などなど。
  しかし未だ最終判断を下すのは時期尚早なのだろうが?。兎に角当分は目を離せない人物であることは間違いない。 
 
 それに引き替え首相の言動、手法は未だに理解出来ないし、小生の軽い頭ではどうしても一本の筋に繋がらないのである。どうして、分かりやすい橋下式の手法が取れないのだろうか。問題は先送りばかりだし、優先順位は間違っているし、説明は少ないし、どうなっているのだ一体(本人はそれが正しいと思っているのだろうが)。

そうこうしているうちに突発的なこと次々と起ってくるのがこの世の中なのである。此処に来て、かの国の将軍様の死である。(”一寸先は闇”をまた思い出した。)
 2011.12.20事務所にて
[PR]
by maruyu2885 | 2011-12-21 14:53
<< ああーあ! ”何が”正しいのか? >>