ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

2018.12.7(金)”冬桜を見てきました”

e0196678_15303515.jpg
e0196678_15173624.jpg
e0196678_15301549.jpg
e0196678_15310483.jpg

 埼玉県神川町の冬桜を見てきました。テレビっ子の小生は(2週間前放送)、早速行ってきました。丁度盛りで、可憐な花をいっぱいつけていました。束の間の心の休息となりました。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-12-10 10:39 | 雑記

2018.7.5(木)アーア終わった!「Wサッカーベスト16止まり」

 我が日本代表は、決勝トーナメント、ベルギーとの1回戦で3対2で敗れてしまった。

 後半に1対0になった時はこれはいけると思ったが、更に1点を追加し2対0になった時、これはひょっとして勝つのではと思った人もいたのではないかと思うが、小生は何故かその時、”危ない”と思った。残り時間がありすぎる(30分以上ある)のと、2対0が気に食わないのである。サッカーでは一番危ない点差なのである。次の1点がどちらに入るかで流れが決まってくる点差なので有る。小生の危惧は的中してしまい、次の1点がベルギ-に入ったところで負け試合のパターンに入ってしまい、行き着くところまで行くしかなく負けてしまったのである。途中、「タラ」「レバ」の場面は、いっぱいあったが、一度傾いた「流れ」はなかなか覆えすことができないのである。この「流れ」という”シロモノ”はスポーツ界に限らずどの世界にも言える大きな”何か”なのである。
 
 最後に、4試合を通じて思うに、日本敗戦の最大原因は、「ゴールキーパー」の力不足に尽きる。他国との差は歴然である。”これが結論” 。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-07-05 16:31 | 雑記

2018.7.2(月)思い出した「ドーハの悲劇」

 サッカーワールドカップの日本対ポーランド戦の日本の戦い方が未だに燻ぶっている。
他力を充てに負けるている方が逃げ切りを図る戦法にだ。やれ、日本らしくないとか、フェアプレーに反しているとか、大方は日本批判が多いようである。
 それはさて置き、小生は、今回の件で、あの時(ドーハの悲劇)を思い出したのである。今から24年前(1994年)のワールドカップアメリカ大会のアジア最終予選で、日本は勝てば、史上初めての本選出場が決まる状況で引分けてしまったのである。それも、1点勝っている状況のロスタイムで1点入れられ引分けにより得失点差で本線出場がならなかった、あの「ドーハ(カタール)の悲劇」である。その時、今回の「守り切る戦法」があれば、ロスタイム間に球回しをし、乗り切れたはずである。今回と違うのは「勝っている状況」と「負けている状況」ではあるが。いずれにしろ、戦略としては、勝ち逃げをする為の戦法である。
 当時、小生はサラリーマン生活をし24年間勤めていた会社を「辞める、辞めない」の話で東京の本社で話し合いをしその後酒飲し、本社近くのビジネスホテルに泊まり、かなり落ち込んでのテレビ観戦であった。敗戦(実際は引分け)の結果、泣き崩れる「ラモス」「カズ」「柱谷」・・・、そして喜ぶ韓国の選手たち(日本引分けで本選出場)が好対照であった。当時、夢のまた夢であった本戦出場が無残にも散ってしまった瞬間である。
 尚、小生はその年末に正式に辞表を書き、翌年5月末に退職をしたのである。あの時とは「1993年10月23日」の夜中であった。(後日ウィキペディアで再確認)
 今回の対ポーランド戦ではいろいろと考えさせられたが、小生には忘れられない”あの時”を鮮明に思い出されてくれた一戦であった。自分史上いろいろな意味で”かなり重い”出来事であった44歳の年末での一コマである。
 さて、今回のワールドカップ、いよいよ明朝(日本時間7月3日3時)に世間の批判を一掃しなければならない「対ベルギー戦」である。結果は、大敗か?。それとも接戦で日本の勝ちか。小生は、ずばり、「2対1」で日本の勝ちと予想。その結果、世界は大騒ぎで、改めて、日本の先の15分間の逃げ切り作戦が正当化され、「西野朗」が大評価を受けるのである。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-07-02 17:11

2018.6.29(金)「ワールドカップサッカー予想大外れ!!」

 小生の「ワールドカップサッカー第3戦予想」が大外れであった。いい訳はしない。
西野監督の大博打に小生が負けた。この男、見た目よりもかなりの”タフガイ”で肝の座った男なのだな。
記者会見での「天然ぶり」から、以外な男だとは感じていたが、「スタメンの6人替え」、「負け試合での時間稼ぎ」などなかなかできるものではない。
少なくても、大方の日本人感覚では。
 各国のマスコミの寸評も、さんざんで、非難ごうごうある。そうゆう意味でも、次が問題である。絶対に勝たなければならなくなった。
負ければ、「只の変りもの」「小心物」。勝てば「稀代の勝負師」「男の中の男」で真の侍ともてはやされるであろう。勝負とはそうゆうものである。「勝てば官軍」「負ければ賊軍」なのだ。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-06-29 10:44 | 雑記

2018.6.28(木)”想定通り”「ワールドカップサッカー」

 日本中が”想定外”とか”掌返し”とか大騒ぎしているが、小生にとっては、何も驚くことはない。至極当然の結果である。
 サムライジャパンは、なんだかんだ言っても「ホンダ」のチームで有ることは明々白々なのである。監督が変わった時点で今日の結果が確定したのである。結果をみていっているのだろうと思われるので、今から宣告しておくが、今日のポーランド戦の結果は、ずばり3対0(か3対1)で日本の勝ちである。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-06-28 14:09 | 雑記

2018.6.1(金)”サッカーワールドカップ23人決まる”

 すったもんだの末、ついに代表23人が決まった。
 小生の予想(というよりは希望)とは、3人程違った。入れて欲しかったのは、「中島」「久保」と「井手口」であった。それらの交代はFWの「O」、MFの「E」DFの「U」である。
  何はともあれ、決まってしまったのだから、やってもらうしかないし、応援するしかないのである。案外とやるかもしれないし、期待通りに?大惨敗で終わるかもしれないし、やって見ないとわからないのがサッカーワールドカップで有る。
 特に今年の6月は、個人的には時間があるので(病み上がりの為)、たっぷりと観戦できるので今からワクワクしている。
  ガンバレ、ビッグマウスの「ホンダ」。そして、「カがワ」。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-06-01 14:36 | 雑記

2018.5.29(火)「久し振りです」

 またまた、何度か目かの「久し振り」のタイトルである。
 今年初めに体調を崩し、ようやく戻ってきた(良い時の60%か)のだ。歳も、70歳に近ずき病気年齢になって来たのである。
あるテレビ番組で、人間の心臓の寿命は20億~23億回の脈拍との事。1分間に70回の人は,1日10,800回、1年間36,792,000回になり、
寿命は54~62才になる計算で有る。そうゆう計算からすると小生などとっくに死んでいるのである。近年は寿命も延びてきているようであるが、
それにしても、かなり”終焉”に近づいていることだけは確かである。
 ”一日、一日を大切に生きていかなければならい”と、心底思っている今日で有る。



[PR]
# by maruyu2885 | 2018-05-29 16:56 | 雑記

2018.1.24(水)「今シーズン3回目の雪」

e0196678_16404850.jpg
e0196678_16421908.jpg
e0196678_16400589.jpg
e0196678_16410046.jpg
久し振りの大雪で有る。
我が地区では、差ほどの事ではないが、東京では都市機能はマヒ状態との事。
積雪は約30センチ位で、「少し多いかな」の程度ではあるが、寒いのには参っている。特にあばら家の我が家には、身に浸みる寒さで有る。早く新築したいものである。(高齢で何年入るかは別として・・うんぬん。!!)  <写真は昨日の冬景色である>


[PR]
# by maruyu2885 | 2018-01-24 17:13 | 雑記

2018.1.9(火) 初頭の投稿

 明けましておめでとうございます。久しぶりの投稿である。(何度同じフレ-ズで始まった事やら)

 さて、今年は戌年で、”犬笑う”縁起の良い歳で有るとの事。しかし小生にとってはそれどころではなく、寅年に因んで、”トラ泣く”でのスタートになった(詳細は後日にお知らせ)。正に正念場である。世の中、一寸先は闇である。

[PR]
# by maruyu2885 | 2018-01-09 16:19

2017.10.4「立憲民主党旗揚げ」

小池新党に対抗して、「立憲民主党」が旗揚げする模様である。
野党が分裂し一見、保守が有利に見えるがそうとばかり言えないのが選挙で有る。リベラルは聞こえは良いのだが、どうしても納得いかない彼らの主張がある。それは、「永住外国人の参政権」推進で有る。国籍も無いのにどうしてなのだろうか。小生はどうしても同意できないのである。何れにせよ、”帯に短したすきに長し”である。”文句があるなら自分が出ろ”であるか!!


[PR]
# by maruyu2885 | 2017-10-04 12:13 | 雑記

2017.10.3 ”赤そば今年も咲く”

e0196678_16313360.jpg
e0196678_16103126.jpg
e0196678_16105252.jpg
 久し振りの投稿で有る。 世間は、小池旋風が吹き荒れて大騒ぎで有る。しかし我が家には今年も赤そばが咲いた。それも、綺麗に咲いたのである(意味不明?)。種まきが、雨の日が続きいつもより1ケ月程遅れ8月29日になり心配したが、いつもより花だけは綺麗に咲いた(実が付くかは別として)。尚、栽培面積は約40アールで有る(2か所)。今回てはじめに写真を何枚か添付。以後シリーズ投稿予定。」

[PR]
# by maruyu2885 | 2017-10-03 17:08 | 雑記

2017.6.23(金)「政権危うし」

 政権は「・・・一強」が続いているが、風向きやら、雲行きやらが怪しくなってきた。
”驕れる者久しからず・・・”で、謙虚さが足りなかった気がする。世間は決してノー天気ではないのである。そして、更に小生が気になるのは、首相の顔色である。色も悪く、つやも無く、ムクミがあり、まるで病人のようである。前回、政権を投げ出した時の顔色とソックリに見えるのは小生だけだろうか。入院、引退そして、・・・・、になるのではと心配で有る。
 久し振りに、決められる内閣で、個人的には”好きな人”であるで、何とかこの難局を持ちこたえてもらいたいものである。
[PR]
# by maruyu2885 | 2017-06-23 16:06 | 雑記

2017.4.6(木) 忖度(そんたく)!?

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by maruyu2885 | 2017-04-06 15:39 | 雑記

2017.1.15(月) ”トランプ”ショック続く

トランプ手法が見えた。
 新年度から、米国新大統領のメガトン級の大嵐が吹き在れている。言えたい放題。やりたい放題である。
しかし冷静に見ていると、基本線は、「条件の引き出し」に思いる。それをやる代わりに、君は「何をやってくれるか」。これを引き下げる代わりに「対価」は何なのか。云々である。
 全てが、取引なので有る。これが”見え見え”であるのが(本音はまだ100%わからないが)、幼稚な様で有り、深いのか、はたまた、用意周到な高等戦術なのかは、もう少し観察が必要であろう。
 久し振りに、当ブログ「ゆうゆう日記」の世界的な客人評論家?の登壇である。
[PR]
# by maruyu2885 | 2017-01-16 18:24

2016.11.11(金)「似ている!!」

 アメリカ第45代大統領に「トランプ」が決定した。どのメデアも評論家も「結局は、クリントンであろう」との予測であったが、逆の結果になってしまった。正に「トランプショック」になってしまったのである。原因や結果の分析は専門家に任せることにして・・・・

 ”ふ”と思ったのは、今回の結果及び現象が、日本の7年前、M党が政権を取ったときの総選挙に似ているのである。長年のG党政権に飽きたのか、嫌気を指したのか、兎に角「脱G党」の流れで、M党政権が誕生した現象にである。当時、M党も政権など取れると思っていなかったので、できもしない実現不可能な美辞麗句の公約を並べ選挙を戦い、結果、思いがけず大勝してしまい、政権を取ってしまったのである。選んだ側も、何かが変わるのではないか、何かを変えたいとの思いで、M党でなくても良かったのであるが(M党以外であれば)、比較的脱G党の受け皿としては近いM党が選ばれただけなのである。その後の結果・結末はご承知の通りである。何も決められず、世間を混乱させただけで終わってしまった学級委員会の4年間だったのである。
 
 今回がその時と、”似ている”のである。
 
 否が応でも、米国民が決めたのであるから、トランプがこれからどのようにするのかは、じっくりと観察しようではあ~りませんか。
 
 
 
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-11-11 12:52

2016.11.4(金)「急がば回れ」

「急がば回れ」室町時代の連歌師宗長が詠んだ歌の一節との事。意味は誰もが知っている通りであるが、果たして、四捨五入で70才になる小生には通じるであろうか。最近、全てが急ぎすぎであり、気忙しいのである。(年齢を考えているのかも?)
 これも、自分で自分の寿命を定めたり、人生のゴールを決めて、物事を考えたり、事を進めたりしている精なのかもしれない。人間は生物であり、命(種)の継続こそが最大の仕事と考えれば、終わりはなく、全てが永遠なのである。
 こう考えると、ある時は、スピーディーに、そしてある事はゆっくりと事に充たるの当然なのである。
 結論、全ては、ケースバイケースで「絶対の公式」などないのである。「臨機応変」に考え、行動すれば良いのである。当たり前のことにたどり着き、気が少しは楽になった。
 よーし、分かった。今回の案件は「急がば回れ」で行こう。一つずつ確実に、丁寧にこなしていけばよいのだ。
 全く単純な男である。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-11-04 13:37 | 雑記

2016.10.13(木) 「赤そば咲き誇る」

 おおよそ50日で収穫できる「白い花のそば」と違って、当、「赤そば」は、。12週(10月13日現在)経っても、まだ、花が咲いている。収穫までは、あと2週間は掛ると思われる。
 普通の「白そば」より倍以上の日数が掛るので、「モチモチ感」、「香ばしさ」「品の良さ」など、何とも言えない「奥深い食感」が出てくるのであろう。
以下今日現在の写真である。
e0196678_14333259.jpg

e0196678_14335161.jpg
e0196678_1434921.jpg
e0196678_14342748.jpg
e0196678_14344322.jpge0196678_14351585.jpg
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-10-13 14:35

2016.8.31(水)「三連敗」

e0196678_1659780.jpg
e0196678_165841100.jpg
e0196678_16581319.jpg
e0196678_1657564.jpg
 今日は、”異例台風”10号一過の爽やかな日である。異例とは、”出戻り”で有り、”東北上陸”が観測記録史上初(昭和26年以来)である。

 「三連敗」。仕事でのことである。仕事での三連敗は痛手ではあるが、もっとショックなのは、趣味の”赤そば”に害虫が出たのである!、四日前発見したヨトウムシ(夜盗虫)なる、読んで字のごとしの、日中は土中に潜んで夜出てきて、葉脈を除いて葉・花を全部平らげてしまう、まさに「野盗虫」である。すぐに、殺虫剤なるものを散布したがまだ効果は表れず、観るも無残な状態(3分の1壊滅)である。(写真参照)

 今年は、耕作放棄畑を借りて30ア-ルに拡大して栽培したが、畑が悪いのかな?。
ネットで、ヨトウムシなるものを調べてみると、元々は、関東から西日本で発生しており関東以北にはなかった南洋の害虫であったが、温暖化の精でここ2~3年に東北での発生がみられているとの事。異常気象から生態系がどんどん変わって来ているとの事。そばも高冷地や寒冷地で栽培すれば良いのであろうが、低地の温暖地に作ったのが災いしてしまったようである。残った分だけでもなんとか駆除に努め収穫したいものである。

 今回は何故かテーマの”三連敗”から離れてしまい結果”4連敗目”の話になってしまった。相当にショックの表れである。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-08-31 16:52

2016.8.4(火)「初の女性」都知事誕生

 この度、初の女性東京都知事が誕生した。巧みな選挙戦を展開し見事に勝ち取った感じがする。大した戦略家である。
 女性リーダーは、日本ではまだ数少ないが、世界を見渡してみると、ドイツ、イギリスなどは一国のリーダーである。更に超大国アメリカの大統領も有力であろう。女性リーダー誕生の条件は、イギリスや東京都知事のように、ゴチャゴチャに(男共が仕出かした)なった後の立て直しにあるのではないだろうか。そして、彼女達の共通のワードは「したたかさ」「ふてぶてしさ」にあるような気がする。
 ふと足元に目を向けてみると、我が家の陰(影のふり)の知事も正にその”通~り”である。”納得”。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-08-03 14:29 | 雑記

2016.5.23(月)「待てば海路の日和あり」

 恥ずかしい話であるが、ずーと勘違いしていたのである。「待てば帰る(蛙?)の日和あり」と。
 ”航海中、天候の悪い時が続くときに焦らないで待っていれば穏やかな天候が必ずやってくる”の例えが正解との事。
 小生は、黒白を早く着けたい性格の為か結論を急ぐ傾向にある。そして、その結果、大体失敗である。しかし、今回気になっていた長年の未解決の案件(小生としては珍しく)があったが、そろそろ結論を出そうかと思っっていた矢先、先方より動きがあり、最善手の案が出てきたのである。正に「待てば海路の日和あり」である。本当の解決には、まだまだ先がるが、ようやく雲が晴れ、先が見えてきたのである。世の中、早ければ良いってものじゃないものである。
 よーし、これを機会にこれからは”待つ”をキーワードにしてみることにしよう。ちょっとした”変身”である。

♪わたし、待~つ~は、何時までも待~つ~は・・(^^♪
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-05-23 15:36 | 雑記

2016.4.22(金)「喜怒哀楽」小さな・・・・・。

 久振りの酒飲み会で、やや酔っぱらって帰宅。起床後、いろいろ思い出す。気に食わない奴との会話で改めて腹が立ったこと等々。そんな時、ふと思い出した。

 2万円がどこにもない。

 過日の旅行会費用の返金である。いくら探しても無いのである。”まあいいや”とややあきられかけていた。そしたらお昼ころ、夕べ一緒だった後輩からの電話である。「Aさん、昨日は申し訳ありませんでした。Aさんの上着と間違えてしまいました。ポケットに2万円が入っています。家にある上着を確かめてください」。との事。早速確認したところ夕べ着て帰った上着の内ポイケットに彼のイニシャルの刺繍が入っていたのである。よく見ると同じ紺色で暗がりでは間違っても仕方がない色である。しかし小生のよりは高そうな生地ではある。
 何はともあれ、2万円が返ってきたことが目出度し目出度しである。マイナスからのV字回復。喜びも倍増である。後輩よ間違えてくれてありがとう。そして、2万円が返ってきて更に有り難う。

 小さな小さな幸せを感じた一日であった。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-04-22 14:27 | 雑記

2016.4.6(水)「小学校入学式」

 約30余年振りに地元小学校の入学式に出た。
理由は、子供の在学中にPTAの役員をやり、今年、そのOB会長になった関係で式の招待状が来たためである。
 自分もこの小学校の卒業生でもある。式の内容はお決まりの設定で、殆んどは同じであるが、ただ大きく違う点があった。それは、①「向き」と、②「入学生の並び順が男女混合」なのである。「向き」というのは、入学生が壇上でこちら(父兄、大人等)を向き、校長先生や来賓の挨拶位置が両者(入学生と大人)の間なのである。どこでもこうなのであろうか。人数やスペースによっても違うのかもしれないが。そして、挨拶は、先ずは入学生を向いて話すのである(つまり、来賓等父兄の顔はあまり見ないで)。我々の時代は、入学生は段の下に座って(腰かけて)、校長先生はじめ全ての大人の挨拶は、壇上から全員に向かって話をするのであった。つまり現在は、主役は入学生なのである。②の「順番」は、生年月日順の男女混合なのである。何時から変わったのかわからないが、男女別々での順番(常に男が先)は、日本ぐらいではないかと、当時から言われていたのであるが、変わったのは今日初めて知ったことである。小生は良いことだと思う。男女同権(同等)なのであるから。
 我が母校は、学区内に大型団地ができた精か、自分の子供達のころよりも人数も3~4倍になり、近隣地区では最大規模の人数を誇っているとのこと。しかし、小生の時代(団塊の世代)よりはまだ足りないようである。
 何れにしても、沢山の入学生が入場してきた時は何故か熱いものが込み上げてきて泣きそうになってしまった。兎に角子供が多くいるというのはいいものである。
  2016.4.12記
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-04-12 16:36 | 雑記

2016.3.3(木)「タイに行ってきた」

e0196678_1784564.jpg
e0196678_1754310.jpg
e0196678_1743830.jpg
e0196678_174187.jpg
e0196678_1735033.jpg
e0196678_17387.jpg
e0196678_1723816.jpg
 予定通り、2月17日から22日まで4泊6日でタイに行ってきた。
首都のバンコク中心にその周辺を垣間見てきた。主な先は定番の①アユタヤ遺跡。②ワットプラケイオ③スコータイ等の寺院などである。若干おさらいをしておくが、タイとは、国土面積51万㎢(日本は37万㎢)、人口は約6,700万人(日本は1億2千万人)であり一人当たりの名目GDPは5,800米ドル(円換算で約66万円)である。ちなみに日本は36,200米ドル(約400万円)である。
 兎に角暑かったし寒かった。外気温は一番涼しい時期なのに、32~3度なのである。そして車内、室内はクーラーが効きすぎ半袖では肌寒さを感じる温度(15~18度か)なのである。
 バンコクは大都会である。地震がないとのことで、高層ビルは東京より多いような気がする。人間も仏教国なので穏やかそうである。また、治安も良いように思われる。車は殆んどが日本車でトヨタが圧倒的である。旅行客だけは、ここでも中国人が多く、日本人の3倍ぐらい居たような気がする(話し声大きいためか)。何故か韓国人には会わなかったような気がする。まあ、久し振りの外国旅行であったが、楽しい旅行であった。以上主な写真である。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-03-03 16:25

2016.2.16(火)「明日から海外(タイ)へ行く」

明日より久し振りの海外旅行である。
 中小企業の異業種交流会の研修旅行で3泊5日の総勢14名のタイ旅行である。治安の悪い時期でもあり若干躊躇したが思い切って参加を決めた。古いパスポートを見たら最後は20年前であった。確か以前勤めていた会社の慰安旅行での「ハワイ旅行」であった気がする。海外旅行はこれで5回目で「ヨーロッパ(西ドイツ・イタリア)」から始まって、「香港」「台湾」「ハワイ」とそして、今回が「タイ」である。もう、若くもないのだが、未だ、足腰だけは大丈夫な気がする?。兎に角楽しく有意義な旅行にしたと思っている。帰国(2月22日)後に旅行記なるものを投稿する予定である。
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-02-16 13:34

2015.2.10(水)「房総半島に行ってきた」

e0196678_165148100.jpg
e0196678_16495512.jpg
 1月28日~30日に2泊3日で房総半島に行ってきた。「川崎から”海ほたる”経由で館山まで走り1泊、次の日は成田山新勝寺、鹿島神宮を廻り、犬吠先に泊まり、翌日、帰り掛けに水戸の偕楽園」を観て帰宅の走行距離950Kmの長旅であった。天候は最初の日だけが”まあまあ”で後の2日は雨と雪の1勝2敗であった。
 追伸、おっと、それと、ミーハーの小生は吉永小百合さん主演の映画にもなった鋸南町の「岬カフェ」にも廻ってきたのである(1、2番目の写真)。以下「海ほたる」「千倉の花畑」「成田山新勝寺」「水戸偕楽園」である。
e0196678_13313097.jpg
e0196678_13314832.jpg
e0196678_13331516.jpg
e0196678_1333556.jpg

[PR]
# by maruyu2885 | 2016-02-10 13:21 | 写真

2016.2.9(火)「なんか変だな」

久し振りの投稿である。
 今の世の中なんでもありである。「株価は大暴落」「かの国々はやりたい放題」そして「マイナス金利」しかし、「何か変だな」。どうすればいいのかな?、小生も残りの人生が確実に限られてきたが、思い切って「最後の勝負をかけるか」(何を!)、それとも「じっと黙っているか」。さーて。ここが試案のしどころである。大体、こうゆう時に動いて失敗するのが今までのパターンでもあるのが我が人生であった。(半分反省)。           
    しかし”ムズムズ”してきたなあ・・・・・・・
[PR]
# by maruyu2885 | 2016-02-09 11:51 | 雑記

2015.11.13(金) 赤そば収穫しました。

e0196678_15484973.jpg
e0196678_15473494.jpg
e0196678_1547672.jpg
e0196678_15463889.jpg
赤そばを収穫しました。
11月7日(土)タネ播き後7Wと4日目、102日目でした。昨年は約90日でしたが、今年は夏場の好天候(雨が少ない)の影響で生億が順調であり、未だ青々として元気の良い赤そばであった。
刈り取りは、昨年は手作業であったが、今年は隣村のそば生産組合のS氏に依頼し汎用のコンバインで行い10アールの畑も30分ほどで終了した。終了も生重量で60キロぐらい有った。
これから10日ほど乾燥して(ビニールハウス内で)ゴミを飛ばして取り敢えず終わりである。
<それをそば粉にするまではまだ5工程もある>写真はコンバイイン作業と刈り取ったそばの実である。
[PR]
# by maruyu2885 | 2015-11-13 15:32 | 写真

2015.10.2「赤そば」盛り!

e0196678_13163853.jpg
e0196678_13151638.jpg
e0196678_13143566.jpg

 今年の「赤そば」が盛りを迎えた。
なぜか、自称カメラマンもたくさん来ているようである。
写真は、上段:「全体」中段:「中秋の名月と競う赤そば」下段:「通学の子供たちと赤そば」です。
[PR]
# by maruyu2885 | 2015-10-02 13:04 | 写真

2015.9.15 「赤そば」7W目です。

e0196678_116416.jpg
e0196678_1145650.jpg
e0196678_1141819.jpg
e0196678_1133829.jpg
赤そばが種蒔き後7W目になりました。
今年はお盆過ぎから長雨と日照不足が続き、そばの最も苦手な環境になりましたが、何とか花が咲きそろいました。あとは、収穫まで台風が直撃しないことを祈るだけであります。
 今回は、そばの写真と、ついでに庭の柿(長女誕生記念植樹)の写真も載せておきました。・・・・・・見ているかな!!
[PR]
# by maruyu2885 | 2015-09-15 10:44 | 雑記

2015.9.3今年も「赤そば」播きました。

 赤そばを栽培して(といっても遊びの域を出ないですが)3年目になります。
未だタネ採りの段階ですが、いつもとおり、播種(7月28日) 後5W目で花が咲き始めました。
 今年こそ粉にして食べてみたいと思います。知り合いの、「そば生産組合」に<刈り取り、乾燥、粉ひき>の作業を依頼する予定である。”高いそば”になるだろうな。
e0196678_16152532.jpg
e0196678_16161276.jpg
e0196678_161716.jpg

[PR]
# by maruyu2885 | 2015-09-03 16:20 | 写真