ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

我が家の「墓石を立て直す」

 巨大地震による我が家の被害のうち、第一番目に、取り急ぎ彼岸の墓参りのためにと墓石起こしを実施した。
 重さが1トン近くある為人間の力などでは到底動かしようがないので業者を頼んで、応急ではあるが何とか体裁だけは整った。そして、彼岸の中日に墓参りを済ますことができた。
 ご先祖様にこの度の大惨事の有り体をようく報告をし、どうぞこれ以上悪くならない様お守りして頂ける様心の底からお願いした次第であります。
   2011.3.24〈事務所にて〉
e0196678_16545566.jpg
e0196678_16553087.jpg

[PR]
by maruyu2885 | 2011-03-24 16:53

”フクシマダイイチ”

”フクシマダイイチ”日本中は元より今や世界で最も有名な固有名詞であろう。諸外国の代表がそのものズバリの発音でスピーチしているのである。褒められる事でも言ってくれるのなら未だしもこのような最悪最劣事象で羅列してもらってもどうしようもない事である。おそらく今年の、いや、今年どころか今後10年間の流行語大賞は断トツの圧倒的大差で決まりであろう。今までどちらかというと地味な県民性であった福島県が日本で最も有名な県に踊りあがってしまったのである。
 ところで、原発があるのは双葉郡大熊町と双葉町である。最も危険な地域は半径20キロ以内で、福島県の東端の地区なのである。何故「双葉原発」か「大熊原発」と呼称しなかったのだろうか、おそらく福島原発イコール福島県、と、日本の半分以上、世界の大半は思っていると思う。他県の原発で県名がついているのはあるのだろうか。新潟県は「柏崎・刈羽」、宮城県は「女川」、静岡県「浜岡」。福井県「美浜」等々である(島根原発のみ有り)。 県名の呼称の為、今回の事故の悪影響が福島県全体に及んでいるのである。いわゆる風評被害等は当然の事、”命名被害”ではないだろうか。当地の被害は最大である事は間違いありませんが、問題のない地区での被害も、いかほどになるのかは想像すらできないほどの甚大な被害が蒙ると思われる。農産物は当然の事で、これから出荷する「もも」「りんご」等の果物は大暴落し売れなくすらなってしまうだろう。海産物も当然、はたまた福島県で製造した飲食物等、また工業製品までも影響を受けるだろう。他に観光地、旅館などのサービス産業等「フクシマ」と付くもの、そして、連想できるもの全てが大打撃を受けるもの思われる。前々から感じていたのであるが福島県にはそのたぐいの呼称がかなり多い様な気がする。「須賀川にあるが福島空港」等々である。何故なのだろう。テレビ・新聞等で四六時中、選挙運動の候補者の連呼の様に「フクシマゲンパツダイイチ」の特に「フクシマ」と聞く度に今後の不安と不吉さを増している今日このごろであります。
  2011.3.23〈事務所にて〉
[PR]
by maruyu2885 | 2011-03-23 14:53

自宅が大被害!!2011.3.22

地震・津波がやや沈静化し、原発の動向が最大の関心事になってきた。

 さて、我が家の被害であるが、古い家の精もあるが、ゆっくりと見回してみると屋根(瓦)、壁の落下そして、梁の折れが数カ所見つかった。修復や修理代はさてさてどうなるのか検討も付かない。
 また、墓地が散々たる状態である。我が家の墓地は丁度タイミングがよく彼岸前の3月20日に取り敢えず起こすことができた(キズ等の修理修復はこれからである)。彼岸の中日に墓参りが何とか出来たのである。この有り体をご先祖様に何と報告したらよいものか。
 写真は被害の一部である。
    2011.3.22(事務所にて)
e0196678_1631278.jpg
e0196678_16322481.jpg

[PR]
by maruyu2885 | 2011-03-22 16:33

”今のところ無事です”「2011.3.17.AM11:48現在」

「今のところ無事です。」 

最大最悪の大惨事です。一部の人たちは。福島原発の大爆発を確信して県外に避難を開始しているようである.県北地区は米沢や山形に、県中地区は新潟方面へ移動中とのこと(既に国道49号線が混んでいる)。
我が家は今のところ、我々夫婦と娘それに妻の実家の祖母と姪(田村市在住の為避難)の5人でじっと状況を見ている状態である。毎日テレビを観ているとSF映画を見ているようであり、未だに現実とは信じられず夢の中にいるようである。
 
 原発の状態は相当深刻な状態である事は間違いない。今までは地味で目立たない県であった「福島県」が今や日本一、いや世界一有名な地名になってしまったのである。悲劇を通り越して、何なのだろう。「まったく!!!」。

  兎に角どんな事が起きようとも「死ぬまで生きる覚悟です」。
 
 尚、連絡先は[自宅0243-39-2339 携帯090-8921-3080]です。
 それでは、ご無事、再会できます事ご祈念申し上げます。
    2011.3.17〈事務所にて〉
[PR]
by maruyu2885 | 2011-03-17 11:44