ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「嬉し」、「恥かし」の還暦男でした。

 今日は「春に3日の晴れなし」のうちの1日が来た。
昨晩の天気予報によると、日本全国4重丸の天気とのこと。そのような中で、今朝は昨日の主役である「雪」からまたウグイスに変わった。今年2回目の登場である。まだまだ本調子ではないが梅にはやっぱりウグイスですね。今朝の天気で今日一日の始まりがなんとなくヤル気が出てくる。そのうち脇役たちも続々とやってきた。〈スズメ・ツグミ・・ハナスイ・シジュウカラ〉と。面白い事にそれぞれが順番よくやってくるのである。
 
 さて、個人的なことだがここ2週間ほど体調がイマイチで、すぐれない毎日を過ごしているのである。〈いや、いた、が正解か。〉左足膝裏の鈍痛・ピリピリというシビレから始まって股の付け根の湿疹かぶれ、そしてついには小生のシンボルまで敵は攻め上ってきて敏感な部分がかぶれてきたのだ。痛さ〈鈍痛)と心配で毎晩眠れない。強烈な攻撃である。いよいよ我慢できず意を決して病院行きの覚悟を決めた。診察の科は、何がいいのだろう?知り合いに遭う確立の低い病院はどこだろう?か等と迷った末にある病院を選び出向く。さて受付を済ませ診察室に行ってみるとそこで想定外の第一関門にぶち当たった。「女医さん」である。それも「若くて綺麗」を連想させる名前である。小林まどかさん〈仮称であるがほぼ同じ〉。」である。しかしここに来てビビッテはいられずドキドキしながら入ったら一安心。「しゃれっ気のない」「暗ーい感じのおばさん」だった。「何故か一安心」、お陰様で小生もムスコも冷静のままで診察を受ける事ができました。厚く御礼申し上げます。結果は「帯状疱疹」という病名でした。子供の頃の水ぼうそうが治ったあともそのウイルスが体内の神経節に潜んでいて加齢やストレス・過労などが引き金になってウイルスに対する免疫が低下すると潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、「帯状疱疹」として発症するとのこと。まるっきり同じ症状である。間違いない。概ね50~70歳に発祥するとのこと。不安と苦痛の2週間であったが取り敢えず安心した。そして、第2関門の「病状」が「大して問題ないだろう」の想定内で超える事ができました。 そこで結論。小生の肉体も確実に老人の域に向へ並の人間の過程を進んでいるのだ。と、思うと安堵感と寂しさが入り混じり複雑な心境の今日この頃であった。「人間生身でいるうちは何でもある」と。またまたゆうゆう語録が一つ増えた。〈 3月30日事務所にて 〉
[PR]
by maruyu2885 | 2010-03-30 17:13

福島は今日も雪だった!!

「福島は今日も雪だった。」

 昨夜の寒さから予想通り、今朝もうっすらとではあるが雪だった。
 桜の便りが近くまで来ているが、当地は梅が真っ盛りであり、拙宅の窓から見える裏庭(実際は林)の紅梅、白梅、そして椿の赤に白い雪が掛かっている様は幼稚な色使いにも見えるが、よく見るとなかなかだ出せない味わいのある色にも見える。しかし、何か足りないなと思っていたら、昨日は雪の替りにウグイスの泣き声が加わっていたのだ。「春に3日の晴れ無し」の例え通り、今時に好天はなかなか続かず、自然界での雪とウグイスの同時出場はなかなかないのだろう。
 ウグイスが主役になる日は、未だ先のようである。
 
  3月28日事務所にて
 
[PR]
by maruyu2885 | 2010-03-29 12:04

”ひょっとして”

 朝起きたら真っ白だった。
3月に入って何回目の雪だろうか。確か4~5回は降ったであろう。
4月の花見の時期にも降ったような記憶があるが、それにしても一向に春めいたところが感じられない今日である。以前のブログにも書いたが、”ひょっとして”そのまま秋になるのだろうか。「予言者ゆうゆう」の本領発揮になるだろうかなどと本心と期待と不安が入り混じった午前中であった。(おそらく”ふところ”も寒い精だと思う)

 さて、政局は相変わらず「カメちゃん」(今日からK氏改め)がニュース面を占領している。以前は大嫌いであったが、何故か憎めない風貌と、その執念に脱帽である。今日の活躍をみていると、内容の良し悪しは別にして、政治家としての力量を認めざるを得ない。郵政民営化に反対しほぼ下野したと思ったら。おっとどっこい、またまた生き返ってきて目一杯に首を出し、今や重要な位置に座り、次々と自分の思った通りの法案を成立させているではないか。ウサギとカメの話は彼のためにあったのだろうか。それにしても、カメちゃんの引き立て役である「宇宙人」は相変わらず的外れで、国民のコンセンサスとは程遠い発言・行動ばかりで小生は呆れ返るばかりである。
 ちょっと待てよ「宇宙人」も今のスタイルを通し続ければ”ひょっとして”カメちゃんのような見方をいつかはされる日が来るのかもしれないぞ、なんて。
 
 今日は、”ひょっとして”で始まって”ひょっとして”で書き終えます。
 「予言者ゆうゆう」にも”ひょとして”何かいいことが起こらないかな。 [3月25日事務所にて]
[PR]
by maruyu2885 | 2010-03-25 17:42

何かが起る!!

ドラマテックスな展開があるような気がします。

 与党の支持率が大幅に下落し危険水域といわれる30%割れに近づいてきた。期待感いっぱいで誕生した。新政権は、マニエフェストとは程遠く外れ、小生は(大衆は)失望感とイライラでジクジたる毎日である。そしてまた、今日の新聞には反乱で解役のU議員が「回避・続投」の見出しあり。またまた首相得意技の「迷走」が出てきた。その中で妙に目立っているのは某連立与党の代表K氏だけである。
 我々が選んだ「落下傘議員」や「なになにガールズ」といいば、名札をつけられて「手の上げ下げ」まで指示され行儀よく行動し、自分の考えは一切言えず、まるで入学したばかりの小学生の様である。ふと思ったのであるが。それらの行動は外からは「なにやっているんだろう」と思うが、その中にいると、あの「赤軍派」の組織の中での「総括」という名の「呪文」で、次々に仲間を葬った状況や、過激な宗教団体での行動などと同じく、 「O教祖様」のマインドコントロールがかかっているのだろうな?。と・・・。
 
 こうゆう時は必ず何かが起る。いやおきなければならない。
 
 「政治とカネ」の三人衆の辞任ぐらいでは想定内であり、もっと凄い、皆さんの想定以外の、アッと驚くような事が起るような気がする。
 
 以上、毎日怒っている「政治評論家」及び「大予言者」を自認している本当に怒っている普通のおじさんでした。
                                   [3月23日4時55分事務所にて]
[PR]
by maruyu2885 | 2010-03-23 17:15