ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

2016.4.6(水)「小学校入学式」

 約30余年振りに地元小学校の入学式に出た。
理由は、子供の在学中にPTAの役員をやり、今年、そのOB会長になった関係で式の招待状が来たためである。
 自分もこの小学校の卒業生でもある。式の内容はお決まりの設定で、殆んどは同じであるが、ただ大きく違う点があった。それは、①「向き」と、②「入学生の並び順が男女混合」なのである。「向き」というのは、入学生が壇上でこちら(父兄、大人等)を向き、校長先生や来賓の挨拶位置が両者(入学生と大人)の間なのである。どこでもこうなのであろうか。人数やスペースによっても違うのかもしれないが。そして、挨拶は、先ずは入学生を向いて話すのである(つまり、来賓等父兄の顔はあまり見ないで)。我々の時代は、入学生は段の下に座って(腰かけて)、校長先生はじめ全ての大人の挨拶は、壇上から全員に向かって話をするのであった。つまり現在は、主役は入学生なのである。②の「順番」は、生年月日順の男女混合なのである。何時から変わったのかわからないが、男女別々での順番(常に男が先)は、日本ぐらいではないかと、当時から言われていたのであるが、変わったのは今日初めて知ったことである。小生は良いことだと思う。男女同権(同等)なのであるから。
 我が母校は、学区内に大型団地ができた精か、自分の子供達のころよりも人数も3~4倍になり、近隣地区では最大規模の人数を誇っているとのこと。しかし、小生の時代(団塊の世代)よりはまだ足りないようである。
 何れにしても、沢山の入学生が入場してきた時は何故か熱いものが込み上げてきて泣きそうになってしまった。兎に角子供が多くいるというのはいいものである。
  2016.4.12記
[PR]
by maruyu2885 | 2016-04-12 16:36 | 雑記
<< 2016.4.22(金)「喜怒... 2016.3.3(木)「タイに... >>