ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

2012.11.11(日) 行きたかった”蕎麦屋さん”

  予てより気になっていた蕎麦屋さんへ行ってきた。

 その蕎麦屋さんは、裏磐梯桧原湖の奥桧原地区(磐梯山の噴火で大部分が沈んだ集落)にある「蕎麦古屋」(そばごや)さんである。ご主人は、千葉県より単身で越してきて(営業期間は毎年4月第4土曜日~11月第2日曜日まで)独学で蕎麦屋を開店したとのこと。店は、古民家を買い取りそのまま使用し、三部屋がありそれぞれに囲炉裏のある風情豊かな雰囲気である。蕎麦は、地元産そば粉100%で、40%ほど憑いているとのことである。甘みがあり、腰が強くかなり美味しい蕎麦ではある。ご主人、いわゆる職人肌ではなく、かなり雄弁で、自信満々であり、唯我独尊的で決して他人を褒めることなく、チョット鼻につくところがあるが”味はかなり上の部類である”。蕎麦の味は兎に角、何時かはこのような囲炉裏で”熱燗を飲みたいなあ”としみじみ思ったのである。食べ終えて外にでたら、ミゾレ交じりの空模様になっていた。そうか、ここは雪国であったのだ。と肩をすぼめて家路に急ぐ初老の寒がり男であった。 おう寒ぅー。
e0196678_1214671.jpg
e0196678_12143730.jpg
e0196678_12153863.jpg

[PR]
by maruyu2885 | 2012-11-11 12:15 | 雑記
<< 2012.11.20(火)「跳... 2012.11.10(土) 齟齬? >>