ブログトップ

ゆうゆう日記

maruyu.exblog.jp

がんばった「ニッポン!」

大方(特にマスコミ)の予想に反してニッポンは予選を突破しベスト16で終えた。

 Wカップサッカ-も日本の大健闘で盛り上がりの中、残るは準決勝1試合と、3位決定戦、決勝戦のみになっった。「マルチ評論家ゆうゆう」の予想も大幅に狂って(予選敗退)面目がないが、嬉しい誤算でもある。
 さて、勝ち残ったチ-ムと日本チ-ムの違いはなんなのであろうか。小生が思うに、それは個人技である事は間違いない。特に「トラップ」だと思う。パスの受け渡し時、シュ-ト体制へ入る時のトラップの「位置・タイミング・速さ・そして感覚等々」が若干のような気もするが相当な別次元の違いのような気もするし、どのくらいの差なのか上手く表現できないが後10年は掛かるような気もするし、はたまた絶対に追いつけない根本的な違いなのかもしれない。しかし、違うのは確かなのである。そこは諦めて、別な面で対抗しなければならないのかとも感じたのである。
 結びに恒例の「マルチ評論家ゆうゆう」の優勝予想を述べておこう。残りの準決勝「スペイン対ドイツ」(この準決勝が事実上の決勝戦)でスペインが勝ち「オランダ対スペイン」の初優勝同士の決勝戦になりズバリ「3対2」でスペインの初優勝である。
    2010.7.7<事務所にて>
[PR]
by maruyu2885 | 2010-07-07 11:39 | 雑記
<< Wカップサッカ-決勝戦決まる「... W杯サッカー「ニッポン」決勝ト... >>